Top > レーザー脱毛が受けられない場合 > レーザー脱毛を受けられない場合

レーザー脱毛を受けられない場合

レーザー脱毛を受けられない場合

医療レーザー脱毛は安全な脱毛方法です。しかし、場合によってはすぐ医療レーザー脱毛を受けられない場合があります。

1.10代の成長期

思春期の頃はとかくムダ毛の処理も気になります。10代の毛根や毛母細胞などはまだ成長段階にあるため、レーザー脱毛を受けられないというよりは受けても治療回数が多かったり時間がかかるため毛根などが成熟する20代以降に受けた方がいいとされています。

2.妊娠中の女性

医療レーザー脱毛は、妊娠中の女性であっても胎児に影響がないと言われているのですが、脱毛をすることによってホルモンバランスに影響が出る場合もあるため、妊娠中の医療レーザー脱毛をお断りしているクリニックがほとんどです。

3.とにかく日焼けがひどい

現在主流の医療レーザー脱毛の機械では、日焼けがひどい場合も医療レーザー脱毛は受けられないケースになります。日焼けして間もないときには、メラニン色素が集中していることがあるので熱傷を起こしやすいといわれてます。

4.毛抜き処理後すぐ

レーザー脱毛中・脱毛後のケアでも触れますが、医療レーザー脱毛に通う時は、毛抜きで処理しないで下さいと言われます。医療レーザー脱毛は毛根部分が残っている毛に対して効果を発揮しますから、毛抜き処理後すぐは受けられないでしょう。

 

なお、アトピー性皮膚炎やにきび肌などを心配される方もいますが、メラニン色素のみをターゲットにして反応するため、アトピーなどの皮膚の赤い部分やにきび肌には全く反応せず、安心してレーザー脱毛治療を受けることができますのでご安心下さい。